第23回(2015年度第7回) “Find-Your-Role-Model” Session が開催されました

第23回 “Find-Your-Role-Model” Session 2016年2月3日

fyrm23_160203

シリーズ第23回目となる今回(2月3日)は、Harvard Medical Schoolの関連病院の一つであるBrigham and Women’s Hospitalにて、内科研修プログラムのチーフレジデントとして活躍されているMatthew Weinstock先生をお招きしました。Weinstock先生はアメリカのPittsburghで生まれ育ち、Harvard大学で政治学学士号を取得され、Colombia大学医学校をご卒業しました。その後はBrigham and Women’s Hospital にて3年間の内科研修を行い、Beth Israel Deaconess Hospital で2年間血液・腫瘍内科のFellowをされ現在のポストにつかれました。

セッションでは、Weinstock先生がアメリカでの医学教育の現状をご自身の経験をもとに詳しくご説明くださった後に、キャリア選択の経緯、チーフレジデントとしての教育のポイント、研究と臨床の兼ね合いなどについて質問にお答え頂きました。医学部に入学する前の大学での専門が文系であることがアメリカでは重要視されているという点、また臨床現場の教育面においては、個々の患者へのアプローチの枠組みを、重点を押さえて教えあうことが大事であるという点は印象的であり、目指すべき医師像について考えさせられました。さらに、血液・腫瘍内科をご専門に選ばれたきっかけについて、ご自身の臨床経験や研究内容、理想とする患者との向き合い方、影響を受けた医師などの紹介を交えながら、非常に多角的な面から具体的にご説明くださいました。今後のキャリアを選択・構築していく上での貴重なお話を、多く伺うことができました。

Flyer
日時: 2016年2月3日(水) 18:00〜19:00
場所: M&Dタワー8階南 グローバルキャリア支援室G-Lab
ゲスト: Matthew Weinstock, M.D.
Chief Resident of Internal Medicine,
Brigham and Women’s Hospital
USA
  • HOME
  • 活動報告
  • 第23回(2015年度第7回) “Find-Your-Role-Model” Session が開催されました
ページトップ