第30回(2016年度第6回) “Find-Your-Role-Model” Session が開催されました

第30回 “Find-Your-Role-Model” Session 2016年12月16日

dsc_6606-min

シリーズ第30回目となる2016年12月16日のセッションでは、日本看護協会医療政策部医療制度課で現在ご活躍されている看護師の駒形朋子先生をお招きしました。駒形先生は日本で看護師として働いた後、青年海外協力隊に参加し、パキスタンで手術室看護師をされました。帰国後は大学院に進学して、熱帯学研究所で熱帯地域の公衆衛生、国際保健を学び、東南アジアをフィールドに研究をしてこられました。その後大学での看護教育を経て、現在は看護政策提言に携わる業務についていらっしゃいます。
セッションでは、海外での看護師としてのご経験、研究や教育について、人々との関わりを通した生活についてなど先生の幅広いご活動についてお話しいただきました。国や地域によって医療を提供する環境、看護師の果たす役割は異なっており、生活、宗教、文化など地域ごとの特徴に合わせて、医療職者は柔軟に現地で必要とされている役割を果たすことが大切だということを教えていただきました。看護師というパスポートを得て、人々の生活をみるいう視点から世界のどこでも活動ができる、というメッセージはとても力強いものでした。セッションには、看護学専攻や検査技術学専攻の学生が参加し、自分の将来について考えるきっかけになりました。明るい雰囲気の中、質問にも丁寧にお答え下さり、大変有意義な時間となりました。

HSLP Student Host

Flyer
日時: 2016年12月16日(金) 18:00〜19:00
場所: M&Dタワー8階南、G-Lab
ゲスト: 駒形 朋子先生
日本看護協会医療政策部医療制度課職員
  • HOME
  • 活動報告
  • 第30回(2016年度第6回) “Find-Your-Role-Model” Session が開催されました
ページトップ