第37回(2017年度第4回) “Find-Your-Role-Model” Session が開催されました

第37回 “Find-Your-Role-Model” Session 2017年10月24日

DSC_4081

2017年度第4回目(シリーズ第37回目)となる今回のセッションでは、ハーバード大学医学部で感染症内科医としてご活躍されているDr. Kevin Ardをお招きしました。Dr. Ardはワシントン大学医学部を卒業後、ハーバード大学公衆衛生学分野でMPHを取得され、感染症内科にて研修し、ボストンのBrigham and Women’s Hospitalにてチーフレジデントとして研鑽を積まれました。現在はHIVを専門として臨床・研究・教育に携わっています。
本セッションではご自身の今までのキャリアや人生のためになった経験、現在の仕事内容など様々なお話をいただけました。感染症内科を専門として選ばれた理由についても紹介していただき、「感染症はまだどこにでも存在するし、感染症は次に何を起こすか全く想像できないからやりがいがある」と話されていて、感染症治療の魅力やその難しさについて考えさせられるきっかけとなりました。またQ&Aセッションも非常に活発に進行し、日本が感染症という分野でどのように活躍できるのか、臨床と研究をともに進めていくモチベーションはどこから生まれるのか、学生の間にどのようなことをしておくべきか、といった多岐にわたる質問にお答えいただけました。将来何をしたいか定まらず、周りに流されてしまうという不安を質問した際は、「人と違う選択をするときは、その時はとてつもなく大きな決断に思えるかもしれないが、振り返ってみるとそれは大したことではないと気づき、自分でその選択をしたことが良かったと思える日が必ず来るはず」という回答をいただき、会場にいた学生は熱心にDr. Ardのお話を聞いていました。今回のFYRMも将来の選択を前向きに捉えられる有意義なセッションとなりました。

HSLP Student Host

Flyer
日時: 2017年10月24日(火) 11:55~12:45
場所: M&Dタワー8階南、G-Lab
ゲスト: Dr. Kevin L. Ard, MD, MPH
Instructor in Medicine, Harvard Medical School
Assistant Physician, Division of Infectious Diseases, Associate Director,
Outpatient Parenteral Antibiotic Therapy program, Massachusetts General Hospital
  • HOME
  • 活動報告
  • 第37回(2017年度第4回) “Find-Your-Role-Model” Session が開催されました
ページトップ