2021 Global Communication Workshop (GCW)が開催されました

GCW_photo

 

2021年でTMDUグローバルコミュニケーションワークショップも第9回目の開催となりました。
6月の土曜4回にわたり開催され、学部生、高校生、大学院留学生が、世界保健機関(WHO)、疾病対策センター(CDC)、国境なき医師団(MSF)、ナイジェリア保健省(NMOH)、カノ州政府(KSG)、地域コミュニティリーダー(LCO)の役割を演じ、ナイジェリアでのポリオワクチン接種の反発運動に関する模擬交渉を行いました。

Stakeholders

このワークショップを通じて、学生はワクチン接種の再開を実現するために、自分の意見を述べたり、質問をしたり、集中して耳を傾けたりして、他のステークホルダーの需要を探し出し、自分の可能性に挑みました。
今回は185名の応募者のうち、2名しか欠席者が出ず、オンラインプラットフォーム学習がディスカッション形式のワークショップを開催するのに安全性と利便性を同時に実現できる方法であることが証明されました。

  • HOME
  • 活動報告
  • 2021 Global Communication Workshop (GCW)が開催されました
ページトップ