第36回(2017年度第3回) “Find-Your-Role-Model” Session が開催されました

第36回 “Find-Your-Role-Model” Session 2017年9月26日

DSC_8023

2017年度第3回目のFYRMセッションでは、本学医学科を2000年に卒業され、現在本学大学院国際健康推進医学分野教授の藤原武男先生をお招きしました。藤原先生はハーバード大学公衆衛生大学院にて公衆衛生修士号(Master of Public Health (MPH))を取得されたのち、米国で公衆衛生学の研究者として研鑽を積まれました。
 本セッションでは、ご自身のキャリアパスのほか、MPHとはどういうものなのか、またなぜ米国への留学をされたのかといったことから、米国で生活する中でどんな苦労があったのかまで、幅広くお話をしてくださいました。臨床医に比べると公衆衛生学の専門家としてはどのようなキャリアがあるのか、イメージが湧きづらいことがあります。しかし先生は医療コンサルティング・ファームや、WHOなど国際的な医療機関で働くといった、とてもクリアな道筋を与えて下さりました。日本においては馴染みの少ないMPHについても、国内外の比較を含めて詳しくご説明頂き、大変興味深いものでした。また米国で研究を行うにあたって、どのように日本国内と状況が異なるのかお話くださり、海外への進路を考えるきっかけとなりました。

HSLP Student Host

Flyer
日時: 2017年9月26日(火) 11:55~12:45
場所: M&Dタワー8階南、G-Lab
ゲスト: 藤原武男先生
東京医科歯科大学卒業
ハーバード大学公衆衛生大学院修了
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野 教授
  • HOME
  • 活動報告
  • 第36回(2017年度第3回) “Find-Your-Role-Model” Session が開催されました
ページトップ